2016.01.21

大三接骨院みずなみ 枕

みずなみ院

こんばんは。大三接骨院みずなみ院長の林です。

最近、患者様に首が痛いのは枕のせい?や、どんな枕がいいの?と聞かれることが多くあります。

よく言われるのが、高すぎず、低すぎず。柔らかすぎず、硬すぎず。(笑)。

と言われてもよくわからないですよね。

自然に立っている時の、前にも後ろにも移動しないあごの位置をキープできる高さがベストなのだそうです。枕が高すぎると首がそってしまい、頭に血が上り、眠りが浅くなります。反対に高すぎると気道を圧迫することになります。

枕の硬さは、人は一晩に約20~30回寝返りをうつといわれています。枕が柔らかすぎると頭が沈んでしまい固定されてしまうため、寝返りがしずらくなってしまいます。逆に硬すぎると頭が不安定になり、首の筋肉が緊張してしまいます。そもそも、寝返りは、体の負担を軽減するために必要な行為みたいです。ですので、枕を選ぶときは寝返りがしやすく、首が安定して心地よく寝れるものということですね。

 

枕の高さが合わず首の痛みや、頭痛、肩の痛みを感じたら、マッサージや矯正をして、首周りの筋肉をほぐし、骨を整えれば、痛みや頭痛は楽になると思います。ぜひ一度、大三接骨院へお越しください。

それでは皆様、良い睡眠を。

 

寝違え 頭痛 肩こり 腰痛 接骨院 多治見 瑞浪 交通事故